ニュース

サステナブルな大会運営を目指してECO STATION by Rakutenを設置

楽天グループ株式会社(以下、「楽天」)及び日本テニス協会(以下、「JTA」)は、楽天オープン2022の開催において、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の仕組みを取り入れた「サステナブルな大会運営」の実現に取り組みます。

サーキュラーエコノミーの確立に向けては、レコテック株式会社(以下、「レコテック」)の協力のもと、以下の3つの取り組みを行います。

  • 1.ごみの廃棄量を削減し、CO2の排出量を減らす、廃棄物の再資源化(リサイクルループの構築)

廃棄物の再資源化を行うため、来場者にごみの分別を促す『ECO STATION by Rakuten』を設置します。『ECO STATION by Rakuten』では、廃棄物を5種類(①可燃②ペットボトル③ペットボトルキャップ④生ごみ⑤お弁当袋)に分別するための専用BOXを設置します。また、選手及び大会関係者向けに提供される料理の調理過程で出る使用済みの油も廃油として分別し、これらを通じて、可能な限り品目ごとのリサイクルループを構築することで、焼却処理量を削減し、CO2排出量を減らします。

  • 2.プラスチックごみから再生された弁当袋の活用

キッチンカーで使用される弁当袋は都内商業施設や店舗から発生したプラスチックごみから再生されたPCR材*である「POOL樹脂」を活用してつくられたものを使用予定です。さらにそれらを回収し再資源化させることで、CO2排出量を減らします。

*ポストコンシューマーリサイクル材:家庭から排出される材料、または製品のエンドユーザとしての商業施設、工業施設および各種施設から本来の目的のためにはもはや使用できなくなった製品として発生する材料。これには、流通経路から戻される材料を含む。

  • 3.マテリアルフロー分析の導入

レコテックから提供を受ける「POOLシステム」を導入し、大会期間中に廃棄される資源情報の一元管理を行います。これにより、一定期間内のモノの流れを系統的・定量的に分析することが可能となり、資源効率の向上や廃棄物の削減、再資源化するための意思決定を可能にし、サーキュラーエコノミーの確立を促進します。


また、よりサスナブルな大会運営を目指すため、楽天グループとして以下の取り組みを行います。

  • 1.大会運営のための電気使用により発生するCO2を楽天エナジーがオフセット

楽天エナジーが、10/1(土)〜10/9(日)の予選を含む本戦終了期間までの間、大会運営のために使用する電気により発生するCO2を森林由来のJ-クレジットを通じてオフセットすることで、環境にやさしい大会運営を実現します。なお、今大会においてオフセットするCO2量は、およそ 1.6t (推測値)。

  • 2.サステナブルな大会運営にファンのみなさんも貢献できる、「楽天オープン2022グリーンチケット」の販売

グリーンチケットは、お客様に本チケットを購入いただくことで、環境にやさしい大会運営の実現に向けて楽天グループが取り組む、楽天オープン2022の大会会場で生じるごみ等を再資源化する活動や、大会運営のための電気使用により発生するCO2をオフセットする活動を応援していだだくものです。

そして、ファンのみなさまにご購入いただいたグリーンチケットの代金は、手数料を除き本活動の費用に充てられます。そして、本活動に賛同いただきグリーンチケットを購入いただいた方の中から抽選で30名様に、出場選手直筆サイン入りの大会公式クリアファイルをプレゼントする企画も実施します。

詳細はこちら

  • 3.FSC認証取得の素材活用

楽天グループが大会期間中に使用する各種販促物(来場者向けのチラシ、スタンプラリー台紙など)には、可能な限りFSC認証を取得している素材を活用します。

約2,000本の樹木に囲まれる有明テニスの森公園で3年ぶりの開催となる「楽天オープン2022」は、豊かな自然の中でスポーツをする魅力を感じることができる象徴的な機会でもあります。

楽天は、創業25周年を機に、アスリートと共に地球環境などの社会課題解決を進める取り組みである「スポーツの未来を共に創ろう - A BETTER FUTURE TOGETHER -」を掲げており、「楽天オープン2022」においても、豊かな自然の中でスポーツを楽しめる環境を次の世代に残していきたいという想いで、JTAそしてファンのみなさまと共に地球環境の課題解決を推進します。