ニュース

内山靖崇/ソールズベリー組は決勝進出ならず

[ダブルス準決勝]
〇レイベン・クラッセン(南アフリカ)/マイクル・ビーナス(ニュージーランド) 4-6、7-6(2)、[18-16] ●ジョー・ソールズベリー(英国)/内山靖崇(北日本物産)

■内山靖崇「自分でも何本マッチポイントがあったかわからない。パートナーがいいプレーをしてくれて、バックサイドの自分(のリターン)にマッチポイントが回ってきて、いいリターンを通していればという場面が何度もあったが、迷いだったり、焦りだったりがあった。冷静ではなかったなと思う。以前は週末まで楽天オープンでプレーしているのは、イメージできないことだった。今回も準決勝まで来られたことはうれしい。今後はシングルスでも結果を残せるように頑張りたい」

日本テニス協会 広報委員会