ニュース

第2日(10月2日(火))の見どころ

■アリーナ1には実力者が続々登場する。第1試合では復調著しい第8シードのリシャール・ガスケ(フランス=25位)がデニス・クドラ(米国=65位)と対戦する。ガスケは昨年、決勝進出が1度だけでタイトルは獲得できなかった。それが今年は既に3度決勝に勝ち上がって、2年ぶりの優勝も果たしている。ガスケの美しい片手バックハンドは、日本のファンを魅了するはずだ。

■第2試合では15年大会王者のスタン・バブリンカ(スイス=74位)が、20歳のテーラー・フリッツ(米国=60位)の挑戦を受ける。元世界3位のバブリンカは昨年左ひざを手術して、復帰途上にあるが、今夏の大会で錦織、シュウォーツマンを連破して勝ち上がるなど、往年の強さが戻ってきた。第3試合には第1シードのマリン・チリッチ(クロアチア=6位)が登場。日本ではマクラクラン勉のダブルス・パートナーで知られるヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ=56位)と対戦する。楽天オープンでは2年連続ベスト4止まりの第1シードは、大会初優勝を狙っている。

■第4試合では、ダニエル太郎(エイブル=72位)が、成長が著しい20歳のステファノス・シチパス(ギリシャ=15位)と対戦する。シチパスは昨年大会、予選からの出場だったが、今回は世界ランクを100番余り上げて、第5シードでの出場になる。まだツアー優勝のないシチパスだが、今年はATP500のバルセロナ(スペイン)とATP1000マスターズシリーズのカナダで決勝まで進んでいて、今大会でも優勝候補の一角に挙がる。今年、ツアー初優勝を飾っているダニエルは、持ち味の粘りを生かして、若いシチパスを崩していきたい。

日本テニス協会 広報委員会