ニュース

楽天ジャパンオープン2021の開催中止について

公益財団法人日本テニス協会は、ATPと国際テニス連盟(ITF)と協議を重ねた結果、本年10月2日(土)より10月10日(日)まで、有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コートで開催を予定していた「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2021」(ATPワールドツアー500、ITF車いすテニスツアー2シリーズ)の開催中止を決定しました。

本協会はATPおよびITFとともに、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、大会開催に向けて無観客や入場制限を含む様々な方策を探ってきました。しかし、一定期間の待機を求める現在の日本の入国制度の下では、ATPツアーの開催承認は難しく、選手や関係者の多くが海外から来日する大会の性質上、中止せざるを得ないとの結論に至りました。大会の開催中止は2020年に続くものです。

本協会では新型コロナウイルスの感染状況を注視しながら、年内に何らかのテニスイベントを開催することを模索しつつ、2022年の楽天ジャパンオープンの開催に向けて全力を尽くしていく考えです。